AUPAIR

【オペア】渡米する際に持って行ってよかった荷物

アメリカに来てオペア生活をスタートから1ヶ月が経過しました。アトランタの郊外は思ったよりも田舎で、車の免許が取れるまで車の運転が出来ないので、休みの日も家にいる事が多いです。

近所に日本人オペアが何人か住んでいるので、オペア同士で一緒に遊んだりと、交流の機会が多くあり助かってます。

この生活にも慣れてきたので、今回オペアをするにあたって持ってきて良かったもの持ってくれば良かったものをまとめました。

空港でのアクシデント

私は早朝6:00成田発、アシアナ航空でアメリカに向かいました。

羽田→仁川(韓国)→JFK(ニューヨーク)の航空券をエージェントが手配してました。どの航空会社かは、オペアによって違います。

私の便は朝6時発だった為、終電で羽田に向かいました。

24時頃に羽田空港に着き、荷物の量は最低限に抑えたつもりだったものの空港内の計量器で測ると…28.9kg!

ちなみに受託荷物は23kgまでなのであと6kg近く減らす必要があります。

荷物オーバーだと$300(約3万円)取られるということなので慌てて手荷物に移したり試行錯誤したものの6キロ近く減らすのはかなり難しく。。。

急遽、空港内の宅配センターで6キロ分の衣料を実家に送りかえすことにしました。

ちなみに配送料は1800円でした。服はアメリカで買うことにして、持って行こうとした服の半分以上を実家に結局送り返し、なんとか23キロに収めました。

もしも重量オーバーだったら…

私と同じように重量オーバーだった場合は、空港内の宅配センターで日本国内に配送することができます。

羽田空港2階到着ロビーにあるカウンターは深夜2時でも空いていました。

あとは、重いものは手荷物に移すという方法もあります。

今回私が利用したアシアナ航空の場合、受託荷物23キロ手荷物10キロ身の回り品(PCなど)を無料で持ち込むことが出来たので、合計33キロ身の回り品を持ち込むことが出来ました。

これを受託荷物30キロ+手荷物3キロなどと、偏ったパッキングの仕方をすると追加でお金を取られてしまいます。

受託荷物がオーバーしていて手荷物に余裕がある場合は、荷物のバランスを調整すれは追加のお金を払わなくていい場合もあります。

あると便利!

今回の経験で荷物の計量器を買っておけばよかったと思いました。

今までバックパック一つで旅してきたので盲点でした。アメリカから日本に帰る際にもあったほうが便利なので、これから留学する方はぜひ購入することを激しくオススメします!

アマゾンで1000円台から売っていました。日本に帰るときにまたオーバーしてたらやだなあ…。本当に買っておいたほうがいいです。

http://hww.amazon.co.jp/MYCARBON荷物-ステンレス仕上げ-最大50kgまで量れる-吊り下げ式ラゲッジチェッカー-ホームに最適の秤/dp/B077RTCMJLttps://w

渡米する際に持っていった荷物

・Tシャツ6枚

・スウェット3枚

・ジーンズ3枚

・ワンピース1枚(どんなシーンでも使えそうなもの)

・下着、靴下1週間分

・シャンプーリンス(アメリカの水は髪に悪いので特大トリートメントも)

・基礎化粧品三ヶ月分くらい(化粧水、乳液、美容液、パック)

・日焼け止め3本(アメリカのものは刺激が強いので買うなら子供用がオススメ。ただどれも香りが強いので香水と混じってしまい好きではありません。)

・日本の食品(味噌汁、ふりかけ、カップラーメン、うまい棒、梅のお菓子等。NY研修の際にオペア友達に配るのに重宝しました。)

・文房具(無印で購入した陶器に書けるペンや、フライングタイガーで購入した吹いて使うペン、誕生日のお祝いで使えそうなガーランドなど)

・左下が無印で購入した、陶器に書いてオーブンで熱することでオリジナルのお皿やカップが作れるペン、中央のペンは吹いて使うペン。子供達に好評です。

・お気に入りの香水、ヘアミスト(手荷物は液体物の持ち込みで制限がある為、酢0ーつケースに入れていきました。)

・ヘアドライヤー、ヘアアイロン

・歯のホワイトニングキット、電動歯ブラシ(完全に好み(笑))

・パスポート(ビザ)、DS 2019、aupair care から貰った書類全て

・ホストファミリーへのお土産(手作りのマグカップをホストペアレンツに、子供達にはポケモンのタオルや日本のお菓子の詰め合わせをプレゼントしました。ネルネルネルネルオススメ!)

・英語の本6冊(KindleなどでPCやタブレットで見ることもできますが紙のほうが勉強しやすいので本のまま持ってきました。)

・ノート5冊(持ってこなくて大丈夫だった。重い…)

・化粧品(ジップロックに収まる量)

・ティッシュ、ハンドタオル、マスク、ネックピロー等機内で使うもの

・PC

・モバイルチャージャー(リチウムバッテリーの入っているものは手荷物で持っていく必要があります。)

・スニーカー3足(スーツケースの重量がいっぱいいっぱいだった為手荷物で)

・お出かけ用ハンドバッグ(持って行ったほうがいい)

・薬

・サングラス

…この通り手荷物もパンパンだったのでコート2着は手に持って挑みました。真夏なのに(笑)

持って来ればよかったもの

今回アメリカに来て、持ってきてよかったものとこれがあればなあと思ったのはこちら!

  • 荷物の計量器
  • 手帳型スマホケース(カード社会なのでスマホケースにカードを入れて手ぶらで出かける人が多い)
  • 小さなカバン(大きな荷物の人はほとんどいない)
  • ショートパンツ(日本ではあまり履きませんでしたが、アメリカの夏はショートパンツが過ごしやすいです。みんな開放的なので気にならずに履けます。)

いらなかったもの

  • ノート(紙質は正直良くないので、気になる人は日本のものがいいけれどかさばる。私は気にならないタイプなので現地で買えばよかったと後悔…。)
  • 大量のトリートメント(アメリカにもある)
  • 変圧器(普通に使えた)

まとめ

渡米前は何が必要なのか足りないものは無いかと不安でしたが、現地でなんでも揃うので物は必要最低限に抑えることをオススメします

特に衣類は日本にいた頃と違い、かなりカジュアルな服を着るようになりました。現地でショッピングをする機会もあると思うので、アメリカから日本に帰国する時のことも考えて衣類は最低限に抑えることをオススメします!

あとびっくりしたのは変圧器です。アメリカのコンセントの形状は日本と全く同じなので変換プラグは必要ありませんでした。

また、変圧は少し違うようですが変圧器なしでも今のところ全く問題ありません。知り合いの日本人オペアみんな変圧器は使っていません。

これから留学する方の参考になれば嬉しいです。

ABOUT ME
MOE
元児童福祉施設の主任、ディスニーランドのキャスト。好きなことは音楽、アート、旅、異文化。2年前に海外一人旅にハマり海外に住むことを決意。現在はニューヨークでオペアとして働きながら生活しています。