ひとり旅

【香港ひとり旅】早朝の香港を楽しむ!中環駅からピークトラムまでの歩き方

今回は、先日訪れた香港の有名スポット、ピークトラムについてまとめていきたいと思います。

香港では、トラムが交通手段として普及しているため、大通りにトラムの電線が通っています。今回ご紹介するピークトラムは、100億ドルの夜景が見渡せると有名なヴィクトリアピークに行く際に使用するトラムです。

恐ろしいくらいの急勾配を登るのでちょっとしたアトラクションのようでした。

では早速、ピークトラムの情報をまとめていきたいと思います。

ピークトラムの営業時間・運賃

運行時間7:00〜24:00

 

運賃

片道 往復
大人 28HKD 40HKD
3〜11歳、65歳以上 11HKD 18HKD
香港版suica、オクトパスカードが使えるよ!!

中環駅からピークトラム乗り場までの歩き方

ピークトラム乗り場は中環駅から徒歩10分ほどの場所にあります。

歩道に案内板があるので、スマホのマップを使わなくても迷わずに到着することができました。実際の写真を交えて歩き方を説明したいきたいと思います。

まずは地下鉄中環駅のJ1出口で地上に出ます。

J1出口を出るとこのような風景が広がっています。

写真一番右手にみえる反射している尖ったビルの方へ進みます。

 

 

公園のような場所を横切って写真のビルの方へ進みます。駅で降りた人みんな同じ方向に進んでいたので、特に迷うことなく進むことができました。

公園ではおじいさんおばあさんが体操をしていました。日本でいうラジオ体操でしょうか…?!それにしても物凄い人数です。

 

一番初めに載せた写真の右手に見えていたピカピカに尖ったビルの下に着きました。横断歩道を渡ります。

 

横断歩道を渡るとこのような表示が。ピークトラムは道なりに真っ直ぐです。

 

途中で信号待ち。この信号機あたりまでかかった時間は、駅から5〜7分くらいだったと思います。写真左手に見えるデパートのような建物にピークトラムの乗り場があります。

 

信号待ちしているときに撮った香港の高層ビル群。香港の建物って安っぽくてレゴブロックみたいで可愛い!白丸の場所がピークトラムの入り口になっています。

 

ピークトラムの入り口です。写真の左手にチケットカウンターがあるのでトラム乗車券を購入しました。ちなみに私はオクトパスカードで買いました。

 

オクトパスカードは便利なのでぜひ購入をおすすめします。カードについてはこちらにもう少し詳しく書いてあります。

【女子一人旅】深夜便で香港!早朝の香港の観光オススメスポットを徹底的に遊び倒す

 

購入した切符です!。朝は本当にガラガラなので、特に待ち時間もなく乗車できました。お昼あたりからは観光客でいっぱいになり、トラムに乗るのに数時間待ちなんてこともあるらしいです。(私はそんなに待つなら絶対乗らない派です。)

では、ピークトラムに乗車です!

 

進行方向後ろ側を撮りました。

行きのトラムは進行方向右側に座ると香港のビル群を堪能できます

急勾配感伝わりますか?ジェットコースター並みの角度を登っていきます。体幹鍛えられそうだな〜と思いながら乗ってました(笑)

私が乗車したのは朝9:00頃で、乗客は私を含め5人くらいでした。

 

5分ほどで終点。

トラムの終点にはお店がたくさんあるようですが、朝早すぎたのかまだ空いていないお店ばかりでした。シャッターは閉まっていましたが、お土産やさんが多くあるようです。

唯一空いていたパシフィックコーヒーで朝日を浴びながらコーヒータイム。

店内には観光客らしきお客さんが意外と少なく、スーツを着た方や、地元のおじちゃんおばちゃんらしきグループが多かったです。

ほぼ満席状態で大変賑わっていたので、昼間に窓際の席を確保するのはかなり難しそうです…。

 

コーヒーの後は外に出て少し散策して見ました。

山頂からはこんな眺めが一望できます。

 

5分ほどボーッとしていたら朝日が出てきました。

気づいたら30分近くボーッとしていたようで、帰りは日本から来た観光ツアーの若者が沢山いました。

 

帰りのトラムからの眺め。

 

トラムの運転席。帰りの乗客は欧米人のおばあさん一人と私を合わせた二人だけでした。

あばあさんも一人だったので、勝手に親近感が湧いて心強かったです。

どっち側に乗ったら景色が見える?

ピークトラム右側左側、どちらに座るべきか迷いますよね。

香港の高層ビル群を見るにはズバリ、行きは右手、帰りは左手です!!

私が乗った時はガラガラだったのでいい席取り放題でしたが、時間帯によってかなり混雑するそうなので、行く時間帯も考えた方が香港の街並みをより堪能出来ると思います。

まとめ

  • 中環駅から徒歩10分、ルートはとっても簡単。
  • オススメの時間は朝(10時まではかなりガラガラ。夜景を見たい場合は別の場所がオススメ!
  • 人気の夜景の時間帯の帰りのトラムは人が殺到するのでまず乗れない。

 

    以上ピークトラムのまとめでした。
    ビクトリアピークはとても有名なスポットなので行ってみたいという方も多いと思いますが、2、3時間も並ぶなら行かなくてもいいかなあ…。というのが正直な感想です。
    死ぬまでに後2回くらい行ってもいいかな、行かなくてもいいけど。くらいの感覚です。
    早朝に行ったので人が全然おらずかなりゆっくりできましたが、10:00頃帰る際にはツアー団体が沢山来ていたので、時間によって楽しめるかまた変わってくると思います。
    ひとり旅の方、喧騒から離れてゆっくり香港の街並みを眺めたい方は早朝に行くことをお勧めします。
ABOUT ME
MOE
元児童福祉施設の主任、ディスニーランドのキャスト。好きなことは音楽、アート、旅、異文化。2年前に海外一人旅にハマり海外に住むことを決意。現在はニューヨークでオペアとして働きながら生活しています。